×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


YRSオーバルスクール浅間台
2004/02/06


冬晴れの好天に恵まれた2月6日。
浅間台スポーツランドで行われた「YRSオーバルスクール浅間台」に参加してきました。

YRSオーバルスクール浅間台」とは、本来ジムカーナ場である浅間台スポーツランドにパイロンでオーバルコース(楕円形のコース。IRLが行われているような)を設定し周回することにより、限界付近での車輌の動きを学び、サーキットでのタイムアップ、安全運転に役立てようというスクールです。
主催されているユイレーシングスクールは、セリカ時代にか走行会に参加させていただきました。
理論、そして実践と、段階を追って確実にステップアップできるスクールです。

こちらが浅間台スポーツランド。
このようにパイロンでオーバルコースを設定し……

基本的に一度に2台がコースインしてラッピングしていきます。

今回、オリフィエルが参加した目的はFRの動きを把握することです。
サイノス→セリカとFFが続いており、FRはカプチーノしか乗っていない、しかも街乗りのみという状態だったので、コースを走る前に安全に挙動を学ぼうと、そういうわけなのです。

走行準備を行い、主催のトム ヨシダ氏から走行の流れ、注意点、学んで欲しいところの説明を受け、走行開始。初参加にも関わらず、2番目に走るグループでの出走となりました。ううっ、もう少し後ろで走れると思っていたから心の準備が……^^;

まず最初は4台でコースイン。本格的なラッピングは行わずにウォーミングアップです。
その後若干のグループ変更が行われ、走行開始。
写真で見るよりもコースは広く、あまり恐怖感は受けません。また、ストレート部分が短いのでロードスターの場合は2速のみでOK。

……そして、目から鱗が落ちました^^;

自分のやり方で走行すると、絶対と言っていいほど上手く走れません。
そこでトム ヨシダ氏から注意された

○ 視線は連続的にスムーズに遠く、進みたい方向を見るように動かす。
○ ステアリングは早めに少し切り、その後切り足していく。
○ 切り足し操作が速いとアンダーになりやすい。ゆっくりで大丈夫。
○ コーナーに進入するとき、ブレーキを強く踏みすぎない。ぺたっと置く感じで良い。
○ クリップまではうすぅ〜くブレーキを残す。ぺたっと置く感じで。
○ …………

いくつかの(いくつもの)点を気をつけながら走ると、これが驚くほどスムーズに走れるのです。
これまでの自分が、いかにムダの多い走行をしていたかがよぉ〜くわかってしまいます。
ポイントは、速く走るのはクルマであってドライバーではないこと。速く走れば走るだけ、操作を丁寧にスムーズに行わなくてはいけない。ということでしょうか?

他にもいろいろと学んだことは多いのですが、これはぜひぜひ体験して、自分の目と耳と体とクルマで感じ取って欲しいと思います。
きっと、これまで以上に走ることが楽しくなると思います!

最後になりましたが、本日「YRSオーバルスクール浅間台」に参加された皆様、お疲れ様でした。
大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。
そしてユイレーシングスクールのトム ヨシダ氏。
顔を覚えていてくれてうれしかったです。また参加したいと思います。本日はありがとうございました!


− 本日の仕様 −

◇ 外装 ◇

ロールバー

MAZDA SPEED
ロールバーセット(ブラック)

ロールバーパッド
ロールバープロテクター(ブラック)

◇ 内装 ◇

インテリア

MAZDA
ペダルセット(アルミ)
フットレスト(アルミ)
スカッフプレート

シート:R

Sparco
REV2

シートレール:R

ラストラーダ
サイド止めLOWポジションタイプ

ハーネス

Sabelt
トップフォーミュラーB


Return